2007年04月29日

自宅の省エネを進めよう@

自宅で使うエネルギーによる排出量を減らそう

ほとんどの人にとって、最も手っ取り早く排出量を減らすチャンスは自分の家にある。家庭からの温室効果ガスのほとんどは、電力や熱を作る為に化石燃料を燃やした結果、発生する。いろいろなやり方でこの排出量を減らす事ができる。2つか3つの電球を取り換えるだけでも、自分のエネルギー消費排出量削減への最初の第一歩となる。

(今、我が家では省エネ型に換えている途中です。)

省エネは気候の危機に対して役立つばかりではなく、実際のコスト削減にも繋がる。家庭で使っている製品を省エネ型のものに取り換えることで、家庭の光熱費を3分の1に減らすと同時に同じだけ温室効果ガスの排出量を減らせる。コストをほとんどかけずに出来る事が多いが、最初に少し投資が必要なものもある。でも光熱費が下がるのでその投資は後で回収できる。家庭での省エネの具体的な方法を紹介していきます。

先週末に、省エネライフについて知りたいと中部電力に電話したら、ご丁寧に今朝10時ごろお電話を頂き、担当の方が資料を持って訪問していただきました。

資料は
「でんきの知っとく百科」
「エコレポート2006」
「エネルギーポケットブック〜いまなぜ原子力か〜」
の3冊も頂戴してしまいました。


まずは「でんきの知っとく百科」より

<省エネのための3つのヒケツ>
@省エネ型の機器を選ぶ
アル・ゴア氏も経済的にゆとりがあればぜひ!と推奨されています。


A無駄使いをなくす
スイッチをこまめに切る。プラグをコンセントから抜く。冷暖房は適温。

B家をまるごと省エネ化する
「高気密・高断熱化」するのが最も効果的。新築・改築の際にはぜひご検討ください。


<省エネの豆知識>
エアコンが家庭の電気消費量ナンバーワン!

ご家庭で使われる電気の約24%がエアコン。ついで冷蔵庫16.1%。照明器具15.8%。テレビ9.6%。その他33.8%となります。
このエアコンの省エネに着目してみます。

●夏は28度。冬は20度に温度設定。

暖房温度を21度から20度にした場合、暖房必要期間で電気料金約1530円の節約。
冷房温度を27度から28度にした場合、冷房必要期間で電気料金約340円の節約。

●不必要なつけっぱなしはやめましょう。
暖房を1日1時間短縮した場合、暖房必要期間で、電気料金約1100円の節約。
冷房温度を1日1時間短縮した場合、冷房必要期間で電気料金約600円の節約。

暖房は電力使いますね!
また更新していきますので参考にしてください。
posted by マーチン&たくぞう at 17:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月25日

地球温暖化「北極と南極・永久凍土」

氷の世界である北極でも南極でも、地球上のどこよりも急速に変化が起こっており、温暖化の影響がどこよりも早く劇的に出ている様子を、科学者は目の当たりにしているそうです。

自分は北極は氷で出来ていて、南極は大陸の上に氷と雪がある。とだけ認識していました。

しかし、もっとびっくりする違いがありました。
南極の氷冠は厚さ3000メートルもある巨大なものですが、北極の氷冠は平均3メートルもないそうです。

こんなに厚みに差があるなんて知りませんでした!

北極の浮氷はの厚みはこれほど薄く、北極海をぐるりと囲む北極圏の北の陸地では、凍った土の層もとても薄いため、北極は急上昇する温度に特に弱いそうです。

ですから、北極は、地球上のいかなる場所よりも急激に温度が上昇しています。

北極の写真が載っています。
「北極で最大の棚氷、ワード・ハント棚氷が2002年半分に割れてしまった。これまで一度もなかった事だ。」

人の背丈より少し高い棚氷が大きく割れて、その下から海が見えています。

この温暖化の影響はシベリアやアラスカに住んでいる人々に大きな影響を与えています。

北極圏の北方の陸地は一年中凍っていて「永久凍土」と呼ばれています。
しかし、温暖化によって広大な範囲の永久凍土が溶け始めています。

その為、シベリアのある建物は永久凍土の上に建っていたので、崩れ落ちかけている写真があります。
またアラスカの家屋も同じ理由で家を捨てるしかない状況の写真があります。

またアラスカでは、トラックを走らせようと思ったら、凍りついた高速道路の上を走らなければならない。
しかし、今では永久凍土が溶けるにつれて、ぬかるみにはまって立ち往生することもあるそうです。

アラスカで「車が走っても大丈夫なほどツンドラがしっかり凍った日」のグラフがあります。

1970年頃は1年間の内走行可能な日数が、220日くらいです。
現在では、年間80日を切っています。

春の訪れが早くなり、秋の到来が遅くなっています。
その為、気温は上昇を続けています。

日本でも全く同じ事を感じますね。
ただ日本では、アラスカに住む方ほど生活にまだ大きな影響を受けていないので、危機感が薄いのでしょうか?

地球に住んでいながら、この数年間に起こった激変を知らずに生きてきたのだな、と思いました。

宇宙から地球を見ているイメージをしてみました。
posted by マーチン&たくぞう at 19:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月23日

地球温暖化と砂漠化

書籍「不都合な真実」より

地球が温暖化すると、世界中の降水量が増加するだけでなく、雨の降る場所が変わってくる。
20世紀には、地球の降水量が全体として20%近く増加している。
しかし、気候変動が降水量に与える影響はどこもすべて同じというわけではない。
20世紀の降水量は、温暖化に伴って予想されたとおり、全体的に増加している。
しかし、実際には降水量が減少している地域もあるのだ。

アフリカの南スーダンからチャド湖の東側にいたる地域などでは、信じがたい悲劇が起きている。スーダンのダルフール地域では、大量虐殺が日常茶飯事となっている。
チャド湖のすぐ西にあるニジェールでは、この地域をくまなく襲った干ばつが飢饉をもたらし、数百万人が危機にさらされている。
飢饉や大虐殺の背後には複雑な原因がたくさんあるが、あまり議論されていない要因が1つある。チャド湖がなくなってしまったということだ。かつては世界で6番目に大きな湖だったチャド湖は、わずか40年の間に姿をほぼ消してしまったのだ。

〜ここで、調べてみました。
この40年間でチャド湖の面積は、60年代の25,000km2から現在2000km2と著しく減少した。そして中国では河北省だけでも約1000の湖が消えてしまった。とありました。
40年間で23,000km2減少してしまったのですから、平均すると1年間で575km2もの水が減少していったことになります。ちなみに日本最大の湖、琵琶湖の面積は約674km2ですから、毎年琵琶湖分の面積が蒸発してしまったという事になります。〜

温暖化が進むと、海から水が蒸発する量が増え、温かい大気にさらに水分が送り込まれる事になるが、土壌からもたくさんの水分が吸い取られてしまう。これが温暖化が相反する影響をもたらす2つ目の理由である。
それもあって、世界の砂漠化は、10年単位でどんどん広がっている。
<世界の砂漠化>
地球全体で毎年何km2が影響しを受けているかを示している。
1970年代:1616km2
1980年代:2175km2
1990年代:3558km2 

「<参考>東京都の面積:2187km2です。」

私たちがこれまでどおりのやり方を続けていれば、二酸化炭素の量は50年足らずで2倍になる。その様な事態が起きると、米国の広大な農作地域では35%もの土壌水分が失われてしまうと科学者は言っている。
そして、言うまでもなく、土が乾けば、生える植物も乾燥地の植生になり、農業の生産性は落ち、火事が増える。
さらに科学者は、「温室効果ガスの排出を抑制する為の行動はすぐに起こさないと、二酸化炭素の量はあっという間に2倍を突破し、4倍に向かって増えていくだろう。4倍になったら、米国の大部分の地域で、土壌水分が60%も失われてしまう」と言っている。


〜若い時は、暴飲暴食・睡眠不足などの無理をしても体調を崩す事が少ないですが、歳を重ねるごとにこういった無理がきかない身体になりますね。
人間は地球に対してかなりの負担をかけ続けてきました。いまの地球は無理がきかない状態で、すぐに反応を起こす状態であると思います。
体調も、しっかり栄養を取り、適度な運動、睡眠を心がければ回復するように、地球も人間の行動次第で回復してくれると思います。〜

posted by マーチン&たくぞう at 17:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月16日

地球温暖化と大洪水

書籍「不都合な真実」より

水温が高いと、低気圧に供給される水蒸気の量が増える。また、気温が高いと、より多くの水蒸気が大気中にとどまる。ひとたび大気圧が来て豪雨の引き金を引くと、より大量の雨や雪が一度にまとめて降ることになる。そのせいもあって、あらゆる大陸で、10年後とに大洪水の数が増えている。

世界の多くの地域で、地球温暖化の結果、年間降水量のうち雪ではなく雨として降る割合が増えている。そのため、春から初夏にかけて、洪水が増えている。

2005年は、米国と同じくヨーロッパにとっても、これまでにない大惨事の年となった。

*ヨーロッパでの大規模な洪水の数

1950〜1959: 50弱
1960〜1969: 90弱
1970〜1979:100弱  
1980〜1989:220弱
1990〜2000:330弱

「ヨーロッパでは、自然が狂乱状態に陥っている」
2005.8.26(UPI通信)

まるで、この世の終わりを告げるヨハネの黙示録の世界をそぞろ歩きしているかのようだった。



アジアでも同じく、洪水がすさまじく増えている。2005年7月、インドのムンバイで、24時間に940ミリメートルもの雨が降った。インド国内の1日の降水量としては最高記録である。水位は2メートルあまりに達した。西部インドでは1000人もの死者が出た。

地上最古の文明の1つである中国は、昔から世界のどの国よりもしっかりとした洪水の記録をとっているが、その中国でも記録的な洪水が起こっている。

*ココまで引用


この洪水の被害を拡大化してしまったものの1つに、日本の割り箸のために森林が伐採され、土地に水を蓄える力が弱っている事が挙げられます。


便利さや利益追求が、他国の人々を死に追いやってしまう現実。

割り箸も、日本製の割り箸であれば、ほとんどが間伐材でつくられています。

しかし、日本の間伐材でつくる割り箸のコストは、中国の森林から割り箸の為に伐採されてつくられた割り箸のコストの約2倍です。

この為、日本の間伐材は余り、中国の森林が伐採されている現実があるのです。

しかし、割り箸を製造して家族を養っている方々もいらっしゃるので、割り箸を急にやめてしまう事が良いとは言えません。

ただ、今の消費量に自然の成長が追いつかないまでになっているのは、間違いありません。

「地球を保護・修復しながら経済を維持・発展させていく」

一見矛盾するように思いますが、「不都合な真実」の後半を読んで、可能性はあると感じました。
posted by マーチン&たくぞう at 07:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月15日

地球温暖化とハリケーン

書籍「不都合な真実」より

二酸化炭素などの温室効果ガスが地球の大気に蓄積する事によって、海水温も上がる。
海洋の水面温度が上がると、より多くの対流エネルギーが生まれ、より強烈なハリケーンが作り出される。
水温が高くなると、風速が増し、暴風雨の中での水蒸気の凝結量も増える。

「1970年代以来、猛威をふるう大型の暴風雨は、大西洋でも太平洋でも、その勢力を保つ期間も強度もかつての約1.5倍となっている」
マサチューセッツ工科大学(MIT)による研究 2005年

2004年、日本では観測史上初10の台風が上陸。(過去最多上陸回数7)
2004年、科学の教科書に「南大西洋にハリケーンが来る事はありえない」と書かれていたが、初めてハリケーンがブラジルを襲った。
2004年、米国で発生した竜巻の数も、史上最多だった。

2005年の夏も記録破りの夏となった。
「ハリケーン・デニス」や「ハリケーン・エミリー」がなどがカリブ海やメキシコ湾を襲った。
2005年8月26日
「カトリーナ」がニューオリンズに上陸した時、猛烈な破壊力を持つ暴風雨と化していた。
「その結果は、まるで地獄絵図のようだった。どんな言葉をもってしても、到底言い表すことができない。」

カトリーナの被害状況はニュースでの映像が焼きついている方が殆どと思います。

その後「ハリケーン・リタ」米国湾岸地帯を襲う
   「ハリケーン・ウィルマ」観測史上最大のハリケーン。南フロリダに上陸し、何千人もの人々が数週間にわたって。水も電気も無い生活を強いられた。

ここで、自分は思いました。
もし水道・電気・ガス・交通網がストップした場合、どれだけ生き延びられるのかと。

まずは水が重要ですが、自転車で30〜40分くらいの距離に沢蟹が生息している川があります。
多分、煮沸やろ過する事によりお米を炊いたり、飲み水としても可能ではと思いました。
できれば今後、雨水を蓄える貯水タンクを購入すれば、洗濯・食器洗い・水浴び等に使えるのではと思いました。

あと我が家はたまたま薪ストーブ生活を送っていますので、室内で火を起こし、ダッチオーブンでお米を炊いたり、パンを焼くことができます。
お米と小麦粉の保管量次第です。

あと保存できる食物として「豆」は重要な蛋白源になりそうです。
お野菜も漬物として保存しておくとよさそうです。
海産物を干物にすることも身につけておきたいです。

本気で取り組んでいけば、2〜3ヶ月くらいは生き延びる蓄えが出来るのではと思います。これくらいのレベルであれば、ご近所さんにも供給することも可能です。
まだまだ甘いかと思います。全くサバイバル的知識がありませんし、ボーイスカウトの経験もないですから、もっと現実は厳しいとは思います。
いま思いつく限りですね。

また、オール電化で太陽発電設置のお宅であれば、もっと不自由なく過ごせそうにも思います。


あと昨日、自分の住む地域でのニュースです。

昨日14日、「袋井で突風 59棟被害 一直線に瓦礫散乱」と新聞に書かれている
竜巻が通り抜けたと思われる地帯は屋根、窓ガラスが破損し、電柱が折れ周辺の1600世帯が停電した。

午後6時ごろ、我が家でもその突風と生暖かい風に恐怖を感じていました。
地球の悲鳴と怒りに近いメッセージを感じました。

いつ自然が姿を変えて襲ってくるかもしれません。
「備えあれば憂いなし」
posted by マーチン&たくぞう at 17:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月07日

娘から「不都合な真実」との出会い

娘は7歳。小学1年生。
「世界一受けたい授業」が大好きでいつも録画したものを見ているんです。
娘は、科学や宇宙、物理現象に関心が高いですね。

たまたま娘と一緒に「世界一受けたい授業」を見ていて、「アル・ゴア先生」と「不都合な真実」に出会う事が出来ました。

その番組中
「地球はあと10年で滅びる?!」
と放映しました。

娘は
「え〜!!!!!あと10年しか生きられないの!?!?!?!?
私17歳か.....」

凄くショックを受けている娘を見て、心が揺さぶられました。

お風呂でも
「ね〜パパと二人でお風呂入るのはいいことなの?」
「そうだね。別々に入ると電気をつける時間が長くなるもんね。」
と7歳なりにいろいろ感じて考えて何とかしたいという気持ちが伝わってきました。

まずは娘の将来を想い、具体的に行動しようを決意しました。

昨日、書籍の「不都合な真実」を娘と一緒に買いに行きました。
後半に具体的な生活スタイルが記されています。
また日記に書いていこうと考えています。

まだ間に合います。
希望を持って広めていきます。
posted by マーチン&たくぞう at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月06日

地球温暖化〜温室効果ガス〜


書籍「不都合な真実」より

マーク・トウェインが残した警句
「災いを引き起こすのは、“知らないこと”ではない。“知らないのに知っていると思い込んでいること”である」

実はこれは重要な点である。なぜなら、気候の危機とは何かをしっかり理解する上で、別の似たような思い込みが最大の障害となっていると思われるからだ。
今日、多くの人々は、今でもこう思っている。
「地球はものすごく大きいものだ。私たち人類が地球環境の営みに大きな影響を与えるなんて絶対に出来るはずがない。」
しかし、これは間違った思い込みであう。昔はそうだったのかもしれない。しかし、今ではそうではないのだ。人口がこれまでに増え、且つ、人間の用いる技術がこの上なく強力になったため、今や私たち人類は、地球環境の多くの部分に大きな影響を与える力を手にしている。地球の生態系のうち、最も脆弱なのは大気である。非常に薄いからだ。

「地球儀にニスを塗ったとしよう。地球に対する大気の厚みは、その地球儀に対するニスの厚みぐらいなんだよ。」

大気はとても薄いので、私たちはその組成を変えることができてしまうのだ!

実際、地球の大気は非常に薄いため、私たちはその基本的な構造分子の濃度を劇的に変えることができてしまうのである。私たちは特に、いわゆる「温室効果ガス」も中で最も大きな鍵を握る二酸化炭素の量を増幅させている。


「温室効果ガスとは...」

温室効果ガスは、太陽光は通過させて大気中に入れるが、外に出て行こうとする赤外線の一部をとらえて大気を暖める性質がある。
温室効果ガスがなければ、地表の平均気温はマイナス18℃くらいになる。
温室効果ガスのあるおかげで、地球の地表の平均気温は約15℃に保たれている。

しかし近年。私たちは、人間が排出する温室効果ガスの濃度を上昇させる事で、地球の平均気温を上げ、危険な気候変動を起こしつつある。

二酸化炭素は、温室効果ガス排出量全体の80%を占めている。
家庭や自動車、工場、発電所などで化石燃料(石油・天然ガス・石炭)を焼き払ったり。森林を伐採して焼き払ったりすると大気中に二酸化炭素が排出される。

また、水蒸気も天然の温室効果ガスである。気温の上昇とともに水蒸気の量が増えており、人工的な温室効果ガスの影響をさらに増幅している。


温室効果ガスの排出を抑えるために「私にできる10のこと」

 1省エネの電化製品、電球に交換しましょう

 2停車中は、エンジンを切り、エコドライブしましょう
  (自転車の活用もいいと思います)

 3リサイクル製品を積極的に利用しましょう

 4タイヤの空気圧チェックしましょう
  車の燃費基準を上げれば無駄なエネルギー消費を防げます。
  (経済的に余裕があればエコカーの活用。排気量の小さな車&バイクを活用するのもいいと思います)

 5水を大切に
  水道の送水に使用されるエネルギーを削減する事ができます。

 6エコ・バッグを使いましょう

 7エアコンの温度設定を変えて、冷暖房のエネルギーを削減しましょう

 8たくさんの木を植えましょう
  1本の木は生育中に1トン以上のCO2を吸収する

 9環境危機について学び、知識を行動に移しましょう

 10映画&書籍「不都合な真実」などから地球の危機について知り、友に伝えましょう
  

そのほかに
 ・マイ箸を持ち歩く
 
 ・出来るだけ早めに就寝し、電灯やエアコンを使わない生活リズムにしていく

 ・コンセントをこまめに抜く
  待機電力は年間電力消費量の10%を占めています

 ・お風呂の追い炊きをしない様にする

 も繋がると思います。
 自分も出来ていない事が多いですが、習慣を変えていきます。

posted by マーチン&たくぞう at 08:32| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリン
ここにアドセンスのレクタングル大を二つコピー&ペーストして下さい。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。