2009年01月07日

地球薄暮化

地球薄暮化(ちきゅうはくぼか)は、雲の増加で太陽光が遮られて地球が暗くなる現象のことです。
「地球暗化」や「グローバルディミング」とも称される。30年で10%程日射が減っているという説も存在します。

薄暮化の原因と考えられているのが、人為的なエアロゾルの排出である。工場の煙や車両からの排気ガス、焼き畑の煙など、いわゆる大気汚染物質によって大気中のエアロゾルが増加し、薄暮化が進んでいるというものである。また、気温の上昇により、極地や高山の氷が融解して地球の水面積が増えるとともに、蒸発量が増え、薄暮化の進行に拍車をかけているとされている。

ただし、約50年間減少傾向にある日射量も、1990年代を境に減少幅が縮小または上昇に転じている。この原因と考えられているのが、排気ガス規制や排気を減らす技術の導入、および旧ソビエト連邦圏の経済停滞による排気ガスの減少などである。

また、飛行機雲も地球薄暮化の原因の1つではないかと考えられている。2001年9月には、同時多発テロの影響により3日間に渡ってアメリカ全土で航空機の運行が禁止されたとき、アメリカ全土で昼夜の温度差が約1℃大きくなったことが観測されるなどしており、この説の根拠のひとつとなっている。

一方、自然起源のエアロゾルも影響していると考えられている。火山の大噴火や、自然発生した森林火災などがその原因である。
posted by マーチン&たくぞう at 00:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
スポンサードリン
ここにアドセンスのレクタングル大を二つコピー&ペーストして下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。