2007年05月06日

世界の人口増加

4,000,000年前 猿人出現
  100,000年前 新人出現
   10,000年前 人口100万人
    4,500年前 人口 1億人      
    2,000年前 人口 2億人
    1,000年前 人口 3億人
      350年前 人口 5億人
      200年前 人口10億人
      100年前 人口20億人<10億人増100年>
       47年前 人口30億人<10億人増53年>
       33年前 人口40億人<10億人増14年>
       20年前 人口50億人<10億人増13年>
        8年前 人口60億人<10億人増12年>
      今日現在 人口65億7532万3千人
  2050年の世界の人口91億人(国連予測)

10億人増のペースが年々早くなっています。
ちなみに2050年の43年後、自分は80歳になってます。 

●世界の人口は、1分に150人、1日で20万人、1年で8000万人、増えています。
 世界中で、1年に6000万人が亡くなり、1億4000万 人が産まれます。

●日本の人口は1億2776万人。毎日2911人が産まれ、 2970人が亡くなる。(H17年総務省&厚労省)
 1日あたり59人減ですから年間2万1535人減のペース ですね。

日本の人口は年間で2万人減でも、世界の人口は8000万人増なんですね。


この人口増加に伴い、食糧や水、エネルギー、その他の天然資源に対する需要も当然増加していきます。
現在、地球が既に悲鳴を上げているのに、約50年後には人口が1.5倍に膨れ上がり、エネルギー消費量も増大すると
もう地球は耐えられないでしょう。

省エネ生活を心がけて、広げていかなければならない時代です。
posted by マーチン&たくぞう at 08:08| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリン
ここにアドセンスのレクタングル大を二つコピー&ペーストして下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。