2007年05月26日

マイ箸運動!

.jpg200.jpg

5月19&20日「BIG FOOT浜松」にてお箸教室を開催させて頂きました。
合計30〜40名ほどの方にご参加頂きました。
今回用意いた木材は、ヒノキ、竹、マホガニー、紫檀の4種です。

最初のお越しのお客様はなんと「経済産業大臣指定 伝統工芸品 豊橋筆」の伝統工芸士の方でした。ご趣味はルアー作り。

「では紫檀でいきます!」

とても仕事が丁寧で見とれてしまいました。
サクっサクっとうすーく削っていきます。

豊橋筆のお話を聞かせて頂きながらの制作。
ゆっくりと時が流れていきます。
2時間ほどで削り終わり、美しいラインのお箸が見えてきました。

今度はペーパーがけです。
80・120・240・400番と仕上げていきます。
普段のルアー制作では、1200番まで仕上げるそうで驚きました!
素晴らしいお箸が出来上がり、他のお客様も見とれていました。

親子4人でお越しになったお客様。
ダッチオーブンのお話をしながら、紫檀のお箸を作られたご夫婦。
同じBIGFOOTの家を手に入れたご家族。
婚約したカップルが1本の紫檀から2膳のお箸に。
いろんな方とお話しながらのお箸作り.... 


「最近、『マイ箸』って聞きますよね?」
「喰いタン2の金の箸ですね!」
自分はこのドラマ見ていなかったので知りませんでした。

「『日本の年間割り箸消費量240億膳。日本人口で割ると、一人当たり年間割り箸消費量200本。 割り箸の97%が中国の輸入材。 中国の砂漠化に繋がっています...」

「え〜こんなに使っているの!!!」

割り箸が環境破壊に繋がっているという事は、何となく聞いたことがある方が殆どで、具体的な数字で伝えていくと危機感を持って頂けると実感しました。

まず大人が認識する事が大事ですね。

また「マイ箸」という言葉を始めて聞いたというご夫婦もみえましたので、どんどん開催していく必要があると感じました。

今回一番心に残ったことは、
「子供達が上手く小刀を使えないこと」

前回、富士展示場で開催させていただいた時は、年長から小学5年生までのお子さん男女10名程いて、全員上手に削れていましたので、子供はすぐ上手く削れると思っていました。

小学5年生の男の子は竹。小学3年生の女の子はヒノキを選択しました。
小刀を使った経験がなく、お父さんが使い方を教えています。
しかしザクッザクッと削ってしまい、先がトキントキンになってしまいました。

他家族の小2の男の子も同じようにザクザクと削ってしまい、ガタガタの焼き鳥の串になってしまいました。

(う〜ん。小刀の使い方をまず教えないといけないんだ。)

一晩考えて次の日は、小刀の持ち方から。
「まず右手に持って、左指の腹で刀の部分を押して削っていくんだよ。」
「刃を木に殆ど横にして、少しずつ先端から削ってね。」
すると、慎重に少しづつ削る事ができる子が増えてきました。

日本人のDNAには手先の器用さが詰まっていると感じます。
そして道具の使い方を教えていけば、子供達に眠っている日本人のDNAが開花し成長していきます。

今も便利で使っているパソコンのキーボードは強く打っても弱く打っても文字が同じように画面に表れます。
ゲームコントローラーも同じで、指先のスピードが追求される世界です。

小刀を使うことによって、力の強弱の世界を体験できます。

お箸作り教室から子供達に伝えたり、体験させてあげられる事が沢山ある事に気付いてきました。


ありがたいことに「お箸作り教室」がだんだん広まってきました。

4・22の「お箸教室」から今日は丁度1ヶ月。

次回は先日「コルクボード作り教室」にお越しになった方からお話が広まり、5・28「お箸教室」を5名で開催します。

また同じ市内のT小学校3年生のPTAのお母さんもお話を伝えて頂き、7.14公民館にて「お箸教室」を開催します。

「お父さんも参加できる企画を考えていて、ピーンときました!」
「これなら、さすがお父さん!と言える場面も出てきそう!」と言って頂きました。

家族の中で、地位が確立していないお父さんも多いのでしょうか?ぜひ挽回の機会になれば良いですね。

「お箸作り」から、
現在の消費型文化の見直し。
道具の使い方。
いろんな木に触れること。
物を作り出す喜び。
物が出来上がるまでの手間。
家族揃って食事を摂る事。
日本文化....

いろんな事を見つめる機会になりますね。
多くの方の出会いで少しづつ成長させて頂いています。
posted by マーチン&たくぞう at 23:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリン
ここにアドセンスのレクタングル大を二つコピー&ペーストして下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。